災害時も診察券を確実に保管しておく方法

災害時も診察券を確実に保管しておく方法

昨今、自然災害が頻発したことはどなたにとっても記憶に新しいでしょう。

いつ何時被災するかわからないのが自然災害の恐ろしい点です。

ですから災害が起こっていない時にこそ、非常時に備えておくことが必要です。

食料や通帳などは緊急持ち出し品として優先度が高いですが、意外と忘れがちなのが医療機関の診察券です。

ここでは災害時の診察券の重要性や、管理上の有効な方法を解説します。

1.災害時は診察券が非常に大切

大雨や台風、地震などの自然災害による被害が連続する昨今、どんな場所にいても災害に絶対に無縁でいられるという人は存在しません。

日本は地震、台風などに無縁でいられない国なのです。

ですから誰しもが「災害に合うことは当然のこと」という考えを持って非常時に備える必要があります。

そしてその備えには保険証や診察券なども大変重要です。

 

災害時はケガや病気、体調不良などにおちいることが考えられます。

保険証があれば病院にかかることはできるでしょうが、災害時には医療機関側も緊急事態にあります。

診察券があればカルテの出し入れなどがスムーズに進み、より多くの人を助けることができますから、できるだけ診察券は大事にしたいものです。

 

2.地震などで家が倒壊すると、診察券を紛失してしまうことも

とは言え、災害時に最優先なのは自分自身や家族の命を守ることです。

それが確保されたら現金やクレジットカード、キャッシュカードの管理、食料を持ち出すこと、などでしょう。

携行品の優先度を考えるとどうしても診察券などは順位が低くなり、結果的に紛失してしまうこともあるかもしれません。

 

3.EPARKデジタル診察券を利用すれば、スマホ1つで診察券を保存!

「EPARKデジタル診察券」というスマートフォン用のアプリを利用すれば、スマホ1つで全ての診察券を管理できます。

ですからこのアプリを災害が起こる前にインストールして必要な情報を入力しておくこと自体が、災害対策になるのです。

 

また、ネット環境などが健全であれば、必要な病院・クリニックを検索することができます。

ケガや体調不良をケアするためにもEPARKデジタル診察券を活用しましょう!

 

☆☆☆☆☆↓↓インストールはこちらから(無料です)↓↓☆☆☆☆☆

  

診察券カテゴリの最新記事