忙しいビジネスパーソンの効率的な診察券の管理方法

忙しいビジネスパーソンの効率的な診察券の管理方法

誰しも生きている間に病院に何度かかかりますよね。

新しい病院に行くたびに「診察券」が発行されるでしょう。

病院側にとってはカルテの出し入れなどに使う重要なツールなのでしょうが、残念ながら患者側にとっては病院ごとに存在し、

財布やカード入れの中でやたらとかさばる存在です。

ここではその診察券をすっきりスマートに管理する方法をお知らせします。

1.ビジネスマンは診察券を管理する時間がない!?

 

そもそも忙しいビジネスパーソンにとって、診察券の管理は非常にもったいない時間です。

名刺の管理はクライアントやパートナー企業の情報を管理するための必要な時間であるのに対して、動作的には似ていても診察券の管理は患者側には何一つメリットが無いからです。

患者側の極論を言えば、毎回保険証を出せば済むのであって、病院の都合で「持たされている」だけなのですから、時間が惜しいビジネスパーソンが診察券を管理するのが難しいのは当然のことです。

 

2.いざというとき、まとめておきたい診察券

とは言え世の中はそのようなシステムで動いていますし、病院によっては診察券の裏に次回の来院日などを記入するシステムもあり、やはり管理せざるを得ません。

病院側に迷惑を掛けず、しっかりと診療を受けるのが「できるビジネスパーソン」でもあります。

やはりカード入れなどに使用する都度収納し、いつでも取り出せるようにしておくのも一つの手ですね。

 

3.EPARKデジタル診察券を活用し、時間を有効活用!

こんな煩雑な世の中のシステムを打ち破る、ビジネスパーソンにとって大変便利なアプリが登場しました。

それは「EPARKデジタル診察券」です!

 

デジタル診察券という名前の通り、スマホに必要情報をデータ化して収納できる優れたアプリです。

過去の診察券は写真に撮ってアプリ内でデータ化できますね。

 

しかもこのアプリは診察券をまとめるだけでなく、自分の条件に合う病院を検索する機能があります。

忙しいビジネスパーソンなら、19時以降に通院できる所や土曜日、または日祝日に診療を行っているところを条件に入れて検索すれば、該当しない病院は候補から排除できます。

さらに駅近などの条件も追加できますから、効率重視の方にはうってつけのアプリです。

 

もうひとつ、貴重な機能が、検索した病院をそのまま24時間いつでもネット受付できるというシステムです。

これまでは貴重な昼休みなどに電話して予約しなければいけなかったストレスがサクッと解決されるわけです。

是非インストールし、病院・クリニックのネット受付もスマートにキメましょう。

 

☆☆☆☆☆↓↓インストールはこちらから(無料です)↓↓☆☆☆☆☆

  

診察券カテゴリの最新記事